最新の食べ物 微生物について

微生物はすごい。食べ物+発酵=熟成食品

 発酵食品、食べてますか。
 最近は発酵食品の素晴らしさがとどんどん見直されてますよね。
 微生物の働きというとついつい夏場に起こりやすい食中毒などと結び付けて、痛むとか腐るとか、マイナスのイメージを持ちがちですが、それだけではありません。
 最近はわざと微生物を繁殖させた、肉などの食べ物を熟成させて食べるというお店も出てきているのだとか。
但し、自宅で熟成肉を作るのは適切な温度と湿度の管理が必要になりますので、勉強なり調べるなりしてからの作成をおすすめします。
 さて、発酵食品は元来食品を保存させる目的で作られているものですが、保存だけでなくアミノ酸効果でうま味が増す、食べ物の栄養課が高まる、種かがよくなったり整腸作用がある。
という良い効果が目白押しなのです。
 とはいえ、発酵食品は身近なものにもたくさんあります。
例えばキムチ。
キムチも、新鮮なものより少し酸っぱくなった物の方が乳酸菌などの微生物が変わりお腹に良いのだそうです。
他にもチーズや味噌なども熟成食品です。
 以上のことからも健康効果があるのは確か。
発酵・熟成という言葉に身構えず、身近なところからどんどん取り入れてみると良いと思います。